ベルランド看護助産専門学校が夢への懸け橋になる

ウーマン

自宅でも勉強が可能

マッサージ

健康や美容によいとされるリンパマッサージであり、現在では多くの人に人気となっています。リンパマッサージの資格は自宅にいながら通信講座などでも手軽に取得することができるので、活用してみると良いでしょう。

看護学科と助産学科

ウーマン

恵まれた実習環境

ベルランド看護助産専門学校は、日本で初めて看護と助産2つの学科を併設した学校です。看護学科から助産学科への内部進学制度もあり、時代に合わせて教育の仕方を変えています。医療系といえば実習先が重要ですが、ベルランド看護助産専門学校は隣接した大きな病院があり、そこで様々な分野について学ぶことができます。その他の実習先も多くあり、非常に恵まれた環境であると言えます。ベルランド看護助産専門学校では、学習面や実習だけではなく、人間性も重視しています。主体的に行動できる看護師・助産師になれるよう、自立を促す教育に力を入れています。後半になると実習が多くなりますが、経験したことをグループで話し合い共有することで、自分だけでなく他の人の看護観を知ることができます。そうすることで更に看護の意味を深く考えて行動できるようになります。助産学科では、1年間で密度の濃い講義・実習を行います。隣接した病院では、母子同室・母乳指導について詳しく学ぶことができます。また、低体重児集中管理の新生児病棟もあるため、より知識の幅を広げることが可能です。病院だけではなく、保健センターや不妊専門クリニックでの実習もあります。女性のライフサイクルを理解して仕事をするためには、こういった場所での実習も大変勉強になります。広い視点で物事をとらえ、将来力を発揮できるよう、ベルランド看護助産専門学校では1年生から綿密なカリキュラムを組み、質の高い医療人を送り出しています。

医療に関する専門事務職

婦人

医師事務作業補助は、診療記録の整備、診断書等の文書作成、データの取りまとめといった医師が診療行為に付随して行う事務作業を補佐する職種です。公的資格はありませんが複数の民間資格が存在し、取得しておくと医療制度等に関する専門知識を有していることの証しとなり、就職の際にアピールすることができます。

東洋医学を学ぼう

鍼灸

鍼灸を学ぶことは、就職に役立つだけでなく新しく開業することにも繋がります。学ぶためには学校に行ったりと時間もかかりますが、その分役立つ資格を取得できます。将来の仕事を探している人にぴったりです。