ベルランド看護助産専門学校が夢への懸け橋になる

勉強

医療に関する専門事務職

婦人

病院などの医療機関には、患者の受付や会計などを担当する事務職員が配置されています。こうした職種を一般に、医療事務といいます。一方、これとは別に医師事務作業補助と呼ばれる職種もあります。医師事務作業補助とは、医師個人が行う事務仕事を補佐したり、代行したりする専門職です。医師事務作業補助には特別な資格は必要なく、誰でもなることが可能です。ただ、言うまでもないことですが、業務を行うに際しては医学や医療制度等に対する専門知識が必要になります。医師事務作業補助の主な仕事としては、電子カルテの入力、診断書や紹介状といった各種文書の作成、学会や官公署に提出する記録の整理などが挙げられます。こうした業務に対しては、その内容に対する理解度を認定するための民間資格が存在します。医師事務作業補助の仕事に就くことを目指すなら、こうした資格を取得しておくと便利です。医師事務作業補助に関する資格は、医療秘書やメディカルクラークなどさまざまな名称で呼ばれています。認定しているのは、医療業務に関連する財団法人やNPOなど、複数の団体です。受験資格は、団体ごとに異なります。誰でも受験できるものもあれば、指定された専修学校等におけるカリキュラムを受講した者にのみ資格が与えられるものもあります。ただし受験資格不問の場合であっても、スクールに通うなどの準備をせずに合格するのは簡単ではありません。試験の内容もまちまちですが、おおむね共通するのは医療保険等の医療を取り巻く諸制度、医学、薬学、個人情報などに関する知識を問うというものです。診断書等の文書作成に係る実技試験が設けられている場合もあります。